営業がノルマや売上が大変だと思った時に読むブログ。

営業マンが困ったときに役立つノウハウを発信していきます!

【育成】する時の心構えまとめ

「スタンス」

1:不完全さを受け入れる

2:相手と向き合う

3:責任感当事者意識を持たせる

 

「教えるべきこと」

1:企業理念(分かりやすく)

2:仕事の進め方

3:ホウレンソウ(報告・連絡・相談)

4:G-PDCAサイクル

5:社内コミュニケーション能力

 

「スキル」

1:関係構築

2:フィードバック(理想と現実のギャップ)

3:ティーチング

旧日本海軍司令山本五十六の格言やってみせ、言って聞かせてさせてみて、ほめてやらねば人は動かじ。この4ステップで教えていけば人は育つ。

4:コーチン

対話によって、相手が持っている知識やスキル、潜在能力を引き出すスキルです。

ティーチングと違うのは相手に解決策を考えさせることです。

5:コーチングスキルのひとつ(物事を細分化する)

目的→行動→どのようにして→手段

この順番で相手に考えさせて、具体化していく。

 

【先人の知恵】

 

星野リゾート社長 星野佳路氏」

・社長は偉くない

・社長室が無い(休暇中の社員のデスクで仕事する)

・共感する

・やらない事を決める

・こだわりを押し付ける(顧客に対して)

※コモディディ化を避ける(その他大勢にならないため)

・まずは動いてから考える

・フラットな組織(言いたいことがあるなら言いたい人に直接言っていい文化にしている)

・固定概念を捨てる

・10名のグループに分けてその中のリーダーを立候補制にしている。

(リーダーは皆の投票で決める)

・任せれば人は楽しみ動き出す

・紙媒体は持たない

・社員に楽しみを提供する

・管理者会議も全てオープンにしている

 

スタジオジブリ 鈴木敏夫氏」

・仕事を祭りにする

・全ての人に祭りに参加してもらう

・心を自分から先に開く

・自分は信じない人を信じる

(人1人が考えられる事はたかが知れている)

・仕事を忘れたとき最も良い仕事が出来ている

・社内で起きている事は世間でも起きている

 

参考にしてみて下さい。