営業がノルマや売上が大変だと思った時に読むブログ。

営業マンが困ったときに役立つノウハウを発信していきます!

何故メルカリは急成長したのか?

今や国内で知らぬ者はいないくらい有名になったフリマアプリ「メルカリ」。メルカリは国内で唯一のユニコーン企業であると言われています。

 

ユニコーン企業とは、評価額が10億ドル以上の未上場のスタートアップ企業。「創業10年以内」「評価額10億ドル以上」「未上場」「テクノロジー企業」といった4つの条件を兼ね備えた企業を指します。

 

しかしもともと巨大なフリーマーケットとしてヤフオクがあるにも関わらず、何故こんなにも急成長できたのでしょうか?

 

メルカリはヤフオクとは違った世界で戦っていると言われています。これは偶然ではなく、巧妙なマーケティングによるポジションを確立したと言えるでしょう。

 

その大きな要素として、メルカリはスマホ世代をかなり意識したサービスを展開しています。メルカリのシステムでは、検索条件を保存した買い手の利用者にはプッシュ通知がいく仕組みになっています。

 

だから利用者も1日に何度もメルカリを覗きます。この点において利用モデルがヤフオクと大きく異なる点です。

 

そして女性利用者の深層心理にある「売りたくない人には売らない」という選択が出来るという点もこれまでにはなかった概念です。コメントがしつこかったり、値下げ交渉が激しい場合はやり取りをブロックすることが出来るのです。

 

他にも個人情報を相手に知られないままで取引が出来たり、出品や送料の設定も実にシンプルに使えるところも人気な理由です。

 

当初は20代30代の女性の利用者が盛んでしたが、最近では40代や50代の利用者も増え、簡単な副業としてサラリーマンがせどりに使うケースも多くあるようです。

 

こうしてスマホ世代を上手く取り込めたメルカリは日本唯一のユニコーン企業になったのです。勝因は何といっても絶妙なポジションの確立と、秀逸なアプリの機能でしょう。

 

今後このようなユニコーン企業が日本でもどんどん出て来て欲しいものですね。