営業がノルマや売上が大変だと思った時に読むブログ。

営業マンが困ったときに役立つノウハウを発信していきます!

コロナで営業が出来ない

最近、新型コロナウィルスの影響でなかなか思うように営業が出来ない日々が続いていますね。私の会社でも同じような悩みを抱えた営業パーソンが多くいました。

 

今回はそんな時にどうやって成果を出していくのか?について解説していきたいと思います。まず最初に結論から言います。私が思う結論は、「コロナ禍に無理に結果を出そうとするな!」です。

 

「理由」

・コロナの影響で経済が停滞している

・感染を懸念して訪問を嫌がられる

・設備投資に消極的になっている

 

日本は今までリーマンショック東日本大震災など数々の困難を経験しています。そんな最中に無理に結果を出そうとしても上手くはいきません。それは今回も同じだと言えます。

 

ご自身に置き換えてみればわかる事です。家計が苦しい時に新聞の勧誘や訪問販売が来たら、追い返しますよね?それは企業でも同じことです。

 

だから無理に営業をかけるのはナンセンスです。今営業パーソンがやらなければいけない事は、「準備」です。普段出来ないことをやるべきです。

 

顧客リストの整理、オフィス環境の整理、効果的な訪問リストの作成、テレアポトークスクリプトの作成、知識を向上させる為の勉強会...etcやるべき事はいくらでもあるはずです。

 

成果が出る工夫をすることも立派な成果です。そう考えれば今しか出来ない事はたくさんあるでしょう。

 

しかし、それでも結果を出していきたい人に少しだけアドバイスをしておきます。営業の基本はお客様の「不の解消」にあります。不平、不満、不足に対して、それを解消出来るものが売れるということです。

 

では、今足りないものは何でしょうか?

①元気 

②コロナ禍における営業ノウハウ

③オンライン環境

 

例えば「コロナ禍でも業績を上げて、集客にも困っていない企業があります!テレワークの有効活用、ECサイトの拡充、オンライン営業の導入、そういうノウハウをいち早く取り入れた企業が今業績を伸ばし続けています、〇〇様でもそんな最新のビジネス環境を取り入れてはみませんか?」

 

これが「不の解消」を意識した営業です。

「ウチにはそんな商材無いんだよね」と思われた方がいらっしゃればそれはチャンスです!今無いなら取り込めばいいのです。どんな時代でも売れる商品のトレンドは変わります。

 

変化に弱い企業からどんどん弱体化していきます。売れるトレンドを先取りし、「先行者利益」を獲得し続けた企業が勝ち続けるのです!

 

今回の結論は「コロナ禍に無理に結果を出そうとするな!今売れる物を取り入れて売れ!」でした。よかったら参考にしてみて下さい。